いちごのひとりごと

ひとりぼっちに怯えるアラフォーバツイチ独身女の記録いろいろ

アラフォー。独身一人暮らし。婚活も結婚も諦めたけど、女を捨てた訳じゃないからね。

こんにちは。いちごです。

 

引きこもり生活も大分慣れてきましたが、そろそろ本気で仕事探さないとね。

とは言え、今はなかなか募集もないので途方にくれる毎日です。

 

家にいる時間が長いので、最近は料理熱が再燃しています。

基本的に3食自炊で、一人だからとても簡単なものなんだけど・・・

時間がたっぷりある今は、久しぶりに圧力鍋を出して料理したりしています。

 

誰かに食べてもらう訳でもなく、ただひたすらに料理をしていたり、誰に会う訳でもないのに毎日ヘアメイク完璧にしたりしてて、時々とても虚しくなります。

 

でもねこの自粛生活中に思った。

私は確かに婚活も結婚も諦めたけど、だからと言って女性らしさとか家庭的な部分を捨てる必要ないじゃんて。

 

婚活している時に、とにかく家庭的でないと結婚できないと思ってたの。掃除も洗濯も完璧にできて、毎日美味しい料理を作らなきゃいけないと思ってたの。そして毎日きれいに身なりを整えて綺麗でいなきゃいけないと思ってたの。

 

もともと一人暮らしも長いし、家事全般嫌いじゃなかったからそれは良いとして。

でも、そんなことが完璧にできたって結婚できないんだから仕方がない・・・

じゃあ、出来なくても良いかと言われれば、出来るに越したことはないよね。

 

だから私は・・・

  • ウォーキングも相変わらず続けてます。だからお肌の調子本当に良い。
  • 季節の食材を使って、野菜中心の料理を3食作り続けています。
  • 誰にも会わないけど、お化粧もお洋服も手を抜かないようにしています。

 

これはね、自分の為でもあるの。いつも若々しくて可愛らしい自分でいたいから。

そして、大好きなパートナーにいつ会っても恥ずかしくないようにでもある。

 

でもさ、それって女に生まれてきた特権でもある気がするの。絶対に悪いことじゃないって自負してる。女性が女性らしく、自分が納得する美を求めるって悪くないかなって。

 

とっても個人的な意見だし、実証もないけれど、「自分が納得する自分」でいたら、わたしにぴったりの人が現れるんじゃないのかなって思う今日この頃。

 

だってそうじゃない?自分自身が好きになれない自分を他人が好きになるはずないもの。もしもそんな人が現れたら、ちょっと変わり者だよ(笑)

 

まずは自分で自分を好きでいて、高めてあげたいなって私は思っています。

今はアラフォー。そしてこれからどんどん歳を重ねていく。。でも女性でいたい私は・・・結局、心のどこかで「結婚生活」を夢見ているのかもしれない(笑)

 

難しいね。オトナって。