いちごのひとりごと

ひとりぼっちに怯えるアラフォーバツイチ独身女の記録いろいろ

アラフォー一人暮らしのひとりごと。「継続は力なり」って本当だよ。

こんにちは。いちごです。

 

毎年この時期になると決まって「もう1年が終わる!!」「1年早すぎ!!」「何もしてないー!!」などと言っているのは、わたしだけではないはず(笑)アラフォーになりますます1年が早く感じている今日この頃です。

 

でもね、2021年のいちごはちょっとだけ違うの。この1年でいくつか新しいスキルを身につけました!「継続は力なり」これって本当にそうだなって、改めて思った2021年をすこし振り返ってみようかな。

 

まず、2020年から通い始めた着物の着付け教室。毎週1回約2時間のクラスに大雨の日も生理痛がひどい日も寝不足の日も休まず通ったの。おうちで何度も着物を着たり脱いだり練習もしてきた。

 

2021年には「準師範」と「師範」の免許の試験を受けて、合格することができました。さらりと着物が着られるようになりたいという気持ちではじめた着付けだけど、なぜか師範免許を持つまでに成長しました。

 

始めたばかりの頃は、用語もわからず自分が何をしているのかさっぱりわからない状態でしたが、続けていくうちに着物を着るだけなら5分もあればできるようになりました。

 

先生に「継続は力なり」と日々言われていたのだけど、本当にそうだなって・・・アラフォーの今、つくづく思うわけです。続けることの難しさもあるけれど、その先には喜びしかないから、本当に続けてよかったと思います。

 

2つ目は、「クロールで25m泳げるようになる」という長年の目標をかなえました!海やプールが大好きなのに、顔をつけて泳ぐことができなかったわたし。ある時見つけた「市民水泳教室」のチラシ。

 

全8回のクラスでクロールで25m泳げるようになろう!と言う内容でした。これはもう、行くしかないと思い応募しました。毎週1回1時間半の水泳教室に2ヶ月通いました。

 

呼吸法から丁寧に教えてもらい、みるみる上達していくのを実感しながら楽しく通いました。5回目のクラスでついに足をつかずにクロールで25m泳げたときは本当にうれしかった!

 

最後の教室の日、お隣のレーンで毎週ご一緒だった上級クラスの方に「水泳初めてだったの?どんどん上手になって、がんばってたね。」と声をかけて頂けた時は泣くほどうれしかったなぁ。この時もまさに「継続は力なり」を実感しました。

 

アラフォーになって時間の大切さに気づいたのだけど、何もしないでいても1年は過ぎる。だったらできる限りやってみたいことにはチャレンジしたいなと思います。時間や費用がゆるす限りはこれからも色んなことをやってみます!

 

元気なアラフォーでいよう。アラフィフになってもアクティブでいよう。2022年には新たな土地での新生活が始まるのだけど、この気持ちだけは忘れずに新天地でもさまざまなことにチャレンジして行こうと思っています。