いちごのひとりごと

ひとりぼっちに怯えるアラフォーバツイチ独身女の記録いろいろ

アラフォーの引越し。初めての内見から1ヶ月半で引越しが終わったお話。

こんばんは。いちごです。

3月に入って進学や就職、転勤など引越しシーズンになりましたね。

 

実は私も、3月いっぱいは仕事があるので3月あたりに引越しをしようと思っていました。でもね、実は1月に引越しが完了してすでに新居での生活をしています。

 

12月の頭に部屋探しを始めて、1月中旬には引越しが完了しました。自分でもびっくりするくらい順調に部屋が決まったので、今日はその時の事を書いていこうと思います。

 

これから引越しをして新生活を始める人に、お部屋探しの参考になれば幸いです。

 

まずはインターネットでとにかく検索

便利な世の中になりましたよね・・・インターネットがあればなんでも探せるの。お部屋も仕事も、なんなら結婚相手だってインターネットで探せる時代。

 

3月に引越しをするとして、いつ頃から部屋探しを始めたら良いんだろう・・・って思っていた時に、知り合いから「3月に入って始めると引越しシーズン始まって良い物件どんどんなくなるよ」と言われたの。

 

それが12月の始め。じゃあ、もう始めた方が良いのかな・・・と思って、それから空き時間は物件を探しまくる検索魔となりました。

 

yahoo不動産ずーっと見てた。この時の私の頭の中は間取り図でいっぱい(笑)

これはこれで、とっても楽しい時間だったかなぁ。

 

引越し先の希望エリアや最寄駅から徒歩何分か、間取りや方角、家賃と管理費、駐車場代は別か込みか・・・とにかく色々な条件を入力して調べまくってました。

 

情報量の多さ=悩みの種になっちゃう現象

これって、情報社会の落とし穴な気がするのだけど、なんでも便利に調べられるから頭でっかちになって迷っちゃうの。

もう、何が良くて何がダメなのか・・・全くわからなくなってしまいました。

だからこれじゃダメだな・・・という事で、気になった物件はメールで問い合わせをすることに。

 

そしたら今度は、お問い合わせした不動産屋さんからの連絡攻撃にあう訳です。

「一度内見にいらしてみませんか?」ってやつ。

しかも私ったら、片っ端からお問い合わせしすぎて、連絡をくれた不動産屋さんはどのお部屋の不動産屋さんなのかわからなくなっちゃって・・・もう「バカバカ私!!」状態。

 

それでも、なんとなくメールの感じが良い不動産屋さんに行ってみることにしました。行って直接お話をすればこの悩みが解消するのかなって。

 

最悪な不動産屋さんとの出会い

さっそくとある不動産屋さんに予約を入れて、物件を見せてもらうことになりました。メールをくれた方がとっても親切で感じがよかったから。

 

「せっかくなので他にも気になる物件があれば、遠慮なくおっしゃってくださいね」っていうから、メールで他に何部屋か気になっている物件を連絡しました。

 

当日、なんだかヤンキー上がりみたいなお姉さんが待ち合わせ場所に現れます。

「やりとりしていた担当が今日はお休みなので、代わりに担当させていただきます」って。

 

なんだかわからないけれど、その時「ちゃんと引継ぎしてないよね?」っていうのが第一印象だったの。なんとなくなんだけれど・・・

 

そんな嫌な予感は的中して、不動産屋のお姉さん、私が初めに問い合わせた物件しか案内してくれず・・

しかもその物件、駅徒歩圏内で間取りもちょうど良いかなって思ったのだけど・・・なんか、なんかちょっとイメージと違ったの。。

 

わりとしょんぼりして

私   「なんかちょっと違うんです。ここじゃないっていう感じで・・・」

不動産屋「そうですか・・・」

私   「先日メールでお伝えした他の2軒も今日見られますか?」

不動産屋「え?そうだったんですか?どこだろ?」

 

あー、やっぱり引継ぎしてないじゃんって思って、

「あ、大丈夫です。今日はもうこれで大丈夫です」って言って帰ってきました。

この不動産屋で部屋を借りることはないなって。サイアク・・・

 

 引越し先の条件を書き出してみた

せっかく内見予約して、わざわざ出向いてこれか・・・と落胆した私は、次こそ良い物件に出会いたいと思い、とりあえず細かいところまで具体的にどんな所に引越ししたいのかを書き出すことにしました。

 

私の条件は・・・

  • 駅徒歩10分以内
  • 駐車場1台無料
  • 駐車場に車が停めやすい
  • 家賃5万円以内
  • 収納多い


これだけ。条件これだけ。(笑)

でも、この条件を洗い出すことでその後とんとん拍子にお部屋が決まるのでした。

 

素晴らしい不動産屋さんと素晴らしい担当さん

12月の頭から検索魔になって、引越し先を探し始めた私。

最悪な不動産屋さんに出会った翌週、メールの感じが良い不動産屋さんに内見の予約を入れます。

 

現地集合ではなく、とりあえずお店でお話をしましょうと言われて足を運びました。

行ってみると「メールでやりとりさせていただいた担当は今日お休みなので、代わりに私が担当します」だって。

「また・・・担当不在。。なんなの!!!」と思ったよね。思うよね?2回も続いたら。

 

でもね、「やりとりのメールは全て確認して引継ぎもできているのでご安心ください」って言われたの。

 

私   「なるべくたくさんの物件を見たいです。せっかく来たから」

不動産屋「あまりたくさん見ると逆に迷います。ここでいろいろ条件をつめて2〜3軒に絞って見にいきましょう」

 

不動産屋さんで2時間・・・本当にいろいろ話て、いろいろわがまま言って。

 

「ウェブサイトには載せてないけど、いちごさんの希望にぴったりの物件があった気がします。管理会社に空きを確認してみます。空いていたら見てみませんか?」

 

確認してもらうと、まだ空いているとのこと。すぐに間取り図を送ってもらい見てみると、場所も、間取りも、家賃も全部が私の条件にぴったりでした!!

 

すぐに連れて行ってもらい見てみると、もう、断る理由なんてないくらい私の条件にぴったりのお部屋だったのです!!!

 

ありがとう!この不動産屋さんにして良かったよ!!本当にありがとう!!

こんな気持ちでした。。

 

引越しは勢いが大事??

素晴らしい物件には落とし穴もあります。

「12月中に契約すれば2年間家賃が2,000円引きです。 こんなチャンスないですよ。」

 

この時点で12月半ば。不動産屋さんは12月27日からお正月休み。審査を考えると3日以内にはお返事くださいとのこと・・・

 

すごく良い物件だからもちろん引っ越したいけれど、私の引越しの予定は3月。12月は早すぎる・・・でもこんな条件にぴったりの物件とはもう出会えないかも。

 

1日だけとにかく悩みました。でもね、「どうせ引越しはするのだから決めれば良いじゃん!」と私は思ったのでした。

 

翌日、不動産屋さんに電話をして「私、あのお部屋に引越しします!!」とあっさりと引越しを決めました。

 

予定外にとんとん拍子で部屋が決まって、12月頭に部屋探しを初めて12月中旬に契約を決めて、12月下旬に契約をして・・・忙しかったぁ・・・

 

年末年始もかぶって、いろいろ手続きは滞ったけれど無事に1月半ばには全ての手続きが終わって引越しが終わりました。

 

たまにしか会わない知り合いには12月頭に「引越しするから部屋探してます!」って言っていたんだけれど、それから1月末に会った時「引越し終わりました!」って言ったらとっても驚いていたなぁ・・・

 

とにかく勢いって大事。

 

引越しで、部屋探しで大切なこと

これは私の記録でもあるのだけれど、また引越しをする時のために・・・

  • 絶対に譲れない条件を明確にする

これだけは絶対に次もそうする!!

そして自分で決めた条件に沿って親身に探してくれる不動産屋さんに出会ったら絶対に信用して手放さないこと!!

 

たったこれだけで、良い部屋に出会えるし、新しい生活がより良いものになるの。

本当だよ!